〒222-0011 神奈川県横浜市港北区菊名6-1-7 鈴木ビル2階
  • 特大
  • 大
  • 標準

心臓病のページ

不整脈

動悸、頻脈、徐脈、脈の乱れ、脈が飛ぶ、抜ける、ふらつき、めまいなどの症状を感じたら不整脈が原因かもしれません。不整脈には心房細動、心房粗動、上室性期外収縮、心室性期外収縮、上室性頻拍(WPW症候群・房室結節リエントリー・心房頻拍)、心房粗動、心室頻拍、心室細動、洞不全症候群、房室ブロックなど多くの疾患があります。「発作時の心電図が無いと診断できない」と、よく言われますがそんなことはありません。ホルター心電図で記録されなくても、患者さんの訴えや携帯型心電計で診断できるケースも数多く経験しています。
頻拍そのものを薬で治療することはできません。発作頻度を抑えることは場合によっては可能です。アブレーション治療を行うと劇的に症状が改善する場合があります。 徐脈や致死性不整脈に対してはペースメーカーをはじめとした植え込み型心臓デバイス手術が行われます。

**心房細動について
不整脈の中でも脳梗塞を合併しやすい心房細動は、他の不整脈と別に考える必要があります。心房細動そのものに対する治療(カテーテルアブレーションや抗不整脈薬の内服)と脳梗塞を予防する治療(抗凝固薬の内服)が必要になります。

狭心症

心筋に酸素を供給する冠動脈の血流が悪くなる疾患を狭心症といいます。階段や坂道歩行に伴って胸部症状が出現する労作性狭心症と、朝方など主に安静時に出現する異型狭心症(冠攣縮性狭心症)があります。自覚症状や運動負荷心電図、発作時の心電図でこの疾患を疑い、CT撮影や冠動脈造影(カテーテル検査)で診断します。治療は狭窄した血管の内側にステントを留置し血管が閉塞しないように広げます。留置後はステント内に血栓が出来ないように血小板の働きを抑制する薬を内服します。カテーテルでの治療が困難な病変に対しては冠動脈バイパス手術が行われることもあります。狭心症にならないために、あるいは再発しないために、禁煙や高血圧、コレステロールの管理が重要です。

心筋梗塞

狭心症と同様に冠動脈の動脈硬化が進んで、最終的に血管が閉塞してしまう病気が心筋梗塞です。狭心症は胸部症状が数分間であるのに対して、心筋梗塞は胸痛が持続し改善しなくなります。血管が閉塞すると心臓の筋肉がどんどん壊死してしまいますので心電図、エコー、血液検査で迅速に診断し、すぐにカテーテルを使って閉塞を解除しなければなりません。基本的には入院での治療を要します。梗塞の大きさによって、入院中や退院後の経過が左右されますので、一刻も早い対処が必要な疾患になります。

心臓弁膜症

心臓には4つの弁(大動脈弁、僧帽弁、肺動脈弁、三尖弁)があり心臓内で血液が逆戻りしないようになっています。弁が壊れて狭窄、閉鎖不全が起こると心臓に過度の負担がかかって動悸、息切れ、浮腫(むくみ)などの症状が現れます。レントゲン撮影や心臓超音波検査(エコー検査)を行って正確に診断いたします。悪化した場合は、人工弁置換術や弁修復術が必要となります。

心不全

心筋梗塞、弁膜症、不整脈、肥大型心筋症、拡張型心筋症などが進行し心臓の働きが低下すると心不全の状態になります。レントゲン写真や心臓超音波検査(エコー検査)で重症度や病状が分かりますが、BNPやNT pro BNPなどの血液検査でも心不全の状態を把握することが可能です。心不全は生活態度で経過が大きく変わりますので、心不全の治療では生活指導が最も重要です。内服薬は利尿薬や血管拡張薬を使用しますが、心臓再同期療法といって特殊なペースメーカー(CRT-P, CRT-D)で治療すると著明に心不全が改善する場合もあります。

ペースメーカーなどの心臓デバイス

ペースメーカーは徐脈性不整脈に対して、植え込み型除細動器(ICD, CRT-D)は頻脈性不整脈に対して使用される機器であり、総称して植え込み型心臓デバイスと呼ばれます。ペースメーカーについては植え込み手術が終了してしまえば、その後の治療は難しくありません。定期的に通院しペースメーカーのバッテリー残量を測定し、患者さんに合わせて設定を変更していきます。バッテリーが消耗した場合は本体の交換手術が必要になります。自宅に機器を置いて常にペースメーカーの状態を把握するホームモニタリングも可能となっています(古いタイプのペースメーカーは不可能)。
ICDは電気ショックによって自動的に致死性不整脈を止めてくれる機器です。最近では失神を繰り返す患者さんの診断に、植え込み型心電計(ICM)というデバイスも使用されています。